スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緒形拳さんが肝臓がんで

ガン治療に最も効果的な食事法

緒形拳さんが肝臓がんで亡くなりました。これまでには治療や闘病生活の話もなかったため、とても唐突な話で衝撃的でした。訃報が発表された当初は、死因も不明という状況でしたので、それだけ緒形拳さんが病気を秘密にしていたというのが如実に伺えました。

死の直前まで緒形拳さんは肝臓がんであることを隠し通し、仕事を続けていました。亡くなったことを考えれば、末期に至っていたのでしょうが、最期まで自分らしく生きぬくことができたという意味では、幸せな人生だったのかもしれません。

緒形拳さんを特別だと思うのではなく、自分も肝臓がんになることもありえるという前提で、検査を受けることを考えてもらえればと思います。

【緒形拳さん死去】病気「絶対に言うな」 幹太さん、直人さん会見一問一答
10月7日17時57分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000561-san-ent
(写真:産経新聞)

 俳優、緒形拳さんが死去していたことがわかった7日、長男の幹太さんと次男の直人さんが東京都新宿区内で記者会見した。一問一答は次の通り。

 (2人は黒いスーツ姿で記者会見場にあらわれ、報道陣約50人を前に、立ったままで質疑応答に応じた。直人さんは表情を隠すようにサングラスをかけていた)

 幹太さん「8年前から肝臓を患っていた。3月から倉本さんの『風のガーデン』のロケに入ってまして、9月にクランクアップし、10月4日に…」

 (涙ぐんで、声がうわずる)

 幹太さん「肝がんによる肝臓破裂の出血で、10月5日夜に亡くなった」

 --体調は悪かったのか

 幹太さん「手術をすることはないが、体調が悪くなると病院に行って、点滴などを受けていた」

 --その時はどんな様子だったか

 幹太さん「仕事に前向きで意欲的で。病気に打ち勝ちたいという強い気持ちがあったのですが。肝臓を患っていたことは『絶対に言うな』と。(病気は)家族だけしか知らなかった」

 --病気の発覚は

 幹太さん「はっきりとは分からないが、肝炎が分かったのは、体調がすぐれなかったから」

 直人さん「強い気持ちがあったので、おれは絶対、大丈夫だと(言っていた)。家に帰ってくると「疲れた」というが、とにかく仕事人間で。仕事をしているときはうれしそうな表情をしていました。4日の夕方、ちょっとおかしいと病院に行って…」

 --どのような治療を受けていたのか

 幹太さん「ずっと仕事をしてきたので、入院するほどではなかった」

 (2人でお互いに顔を見合わせる)

 幹太さん「治療というのは分からないね。検査はしていたが、治療をしなくても直るんだと。懸命に闘っていた」

 --やせてきていましたよね

 直人さん「気が気じゃなかった。素晴らしい仕事をしていたので、急死ということでいろんな方に迷惑をかけ、おわびしたいが、僕らも急で…。ファンの皆さんにこんな報告をしなくてはならなくて…。俳優仲間の皆さまは突然のことだったのでびっくりしたと思うが、本人の希望で家族で密葬をすませた。後日、忍ぶ会をやる予定です」

 --最近はどんな会話をしたか

 直人さん「お互い絵が好きで。一緒に美術館に行こう、そんな話をした」

 --いつごろの話か

 直人さん「9月に入ってからですね。30日の会見(『風のガーデン』の合同記者会見のこと)は気合を入れなければいけないと、終わってからゆっくり行こうと(話していた)」

 --どんな存在だったか

 直人さん「あまりにもでかい存在」

 幹太さん「一家の大黒柱でした。外にいれば俳優、家にいれば家族を大切にしていた」

 直人さん「どちらも(俳優としても父としても)、尊敬しています」

 (関係者が「このへんで」と会見を打ち切る。2人は足早に会場を去った)

スポンサーサイト

名医に肝臓癌治療を受けられる病院はどうやって探せばいいですか?

ガン治療に最も効果的な食事法

名医肝臓癌治療を受けようと思うなら、病院選びは慎重に行わなくてはなりません。いくら医学が発達したとはいえ、高い技術力と豊富な経験を兼ね備えた医師はごく一握りでしかありませんので、やみくもにがんばったところで、その所在を見つけ出すことは困難でしょう。そこで名医が肝臓癌治療を行っている病院ランキングが参考になります。自分の足で一軒一軒全国の病院を回っていたのでは、気持ちも体力も持ちません。事前に情報を入手しておくことで目星をつけておき、その情報を手がかりに名医の肝臓癌治療を受けられる病院を見つけるなら時間を短縮することができるでしょう。

自分一人の知識と行動力で病院を回ったところで、1日に回れる数は限られています。それに、医療機関まで足を運んだところで、どのような方法で自分の主治医を見つけるのかという問題もあります。実績に応じて白衣に目印でも付けてくれていれば一目で判断がつきますが、現実にはそのようなものはありません。それどころか、もはや現場から離れてしまい、名医でもなければ肝臓癌治療に立ち会うこともろくにないような教授が、大学病院では権威を振りかざして幅をきかせていたりします。何人も若い研修医だけではなく、中堅と思える年齢の医師を引き連れて歩いている様を目にしたら、その教授こそ確かな腕を持っていると誤解してしまいかねません。

名医を探す方法のたとえ話を少々します。クラシックカーのコレクションの中に、ロールスロイスの初期のものを持っている人を5人探し出すという指示を仮に受けたとして、あなたならどのような作戦を立てるでしょうか?車の往来の多い幹線道路に立ち、通行する車を片っ端からチェックするという人もいることと思いますが、そもそも車が目の前で止まってくれないかぎり、声をかけることだってできませんし、旧式のクラシックカーを実用的に乗り回しているかどうかも疑問が残ります。この方法では、時間ばかりが過ぎてしまって、あまり結果は期待できそうにありません。

どうやら、ただ脚力を活用して病院に出向いて、名医が肝臓癌を治療しているかどうかを確認するという方法は優れていないようですね。

では、クラシックカーのコレクターが集まるようなレース会場やイベントに足を運ぶというのはどうでしょうか?この方法であれば、少なくとも愛好者が集まっているのですから、通常の路上よりは遭遇する確率が格段に高まることは間違いない上に、コレクター同士のネットワークを使って心当たりがないかを教えてもらうということもできます。なかなか良さそうな方法ではあるのですが、大きな問題があります。そのようなレースやイベントに参加するには会員資格が要求されることがありますし、仮に入場できたとしても素人と緊密に話し合いをしてもらえないことも予想されます。レース会場では、出る幕などないでしょう。

この方法は、肝臓癌治療について詳しい名医を学界など、医師や研究者が集まる場所で探すという方法に似ていますが、招待されていない素人が学界に出席できるはずがありません。この方法でも名医の肝臓癌治療につながるヒントを得るのは難しいようです。

第3の方法として、自動車の販売業者が保有している情報から持ち主を割り出すという方法は使えないでしょうか?ロールスロイスの特定の型式となると、取り扱っている専門業者は限られてきます。すでに数が絞れているのですから、あとはそれらの業者に連絡先を教えてもらうか、紹介してもらえるように頼んでみるという方法であれば、行き着ける可能性はあるのではないでしょうか。

クリアしなくてはならない課題としては、個人情報の守秘義務について世の中が敏感になっているご時世において、富裕層の住所や電話番号を見ず知らずの他人に教えたりしたら、業者の信用が失墜してしまうということです。当然の帰結として、業者は警戒して身構えてしまうことでしょう。名前や連絡先を教えてもらうという方法よりは、自分の名刺を置いていって、迷惑じゃなければ該当者から電話してもらえるとありがたいと伝えておくのがスマートなやり方には感じますが、それで連絡がくるかどうかというところになると、あまり期待はできません。

ただ、肝臓癌の治療を行っている名医を探している場合には、この例との相違点が有利に働きます。見ず知らずの客がやってきて他の顧客の情報を教えてほしいといってきたら、車の販売業者なら身構えるでしょうが、病院に評判の良い医師について尋ねるのであれば、不審には思われないという点です。病院関係者であれば、同業者の評判や噂は耳に入ってきますので、そこから聞き出せた話には信憑性があります。

悩める患者が名医に肝臓癌治療をしてほしいと願うのは自然なことですし、医師の勤務している病院の名前や所在地を教えたところで、個人情報の漏洩にもならず、むしろ営業を助けているようなものですので、相手にとってもリスクはありません。口コミをうまく利用することで欲しい情報を得ようというわけですが、医療に従事している人と接触するというところが核心です。噂や評判というのは、どこにでも流れるものではなく、やはり関係の深いところへと伝わっていくものだからです。

症状が悪化する前に治療を肝臓癌の名医から受けようと思うなら、あまり時間を取ることは好ましくありません。合理的な方法を採用することで、捜索の時間を大幅に短縮することができ、転移等が起こるよりも早く治療を開始することにつながります。
当サイトは肝臓癌にかかった方や、その不安を持っている方に、治療や症状・検査、手術等の情報を提供することを目的にしていますが、肝臓癌の治療には絶対はありません。

地道に情報を収集し、主治医と相談しながら最良と信じられる決断を下していくことが求められます。

健康という最も大切な宝物を取り戻すことは、人生においてこの上なく大切なことです。

当サイトを皆さんのご参考にしていただければ幸いです。

当サイトは個人的な意見・見解を含んでいます。

ご利用中に生じた直接・間接の損害に対する責任を負いませんので、自己責任でご判断をお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。