スポンサーサイト

ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝臓癌末期治療は有効でしょうか?

ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓癌末期治療に関しては、注意してほしい点があります。早期発見に成功した場合ですと、比較的副作用の少ない抗がん剤の投与や、手術によって根治する可能性が高いのですが、症状が進行し、転移も認められるようになるほど、根治は難しくなります。それでも適切な肝臓癌末期治療を行うことにより、生存率を高めることは可能です。いかにして余命を伸ばすかという範囲に終始してしまうことが多いのが残念なところですが、それでも末期治療を放棄するのではなく、自分に最適だと思える方法を取捨選択していきましょう。

症状によっては、すでに根治は不可能だと判断される場合もありますので、抗がん剤によって病気がさらに悪化するのを予防する場合もあれば、対処療法的に外科手術を行う場合もあります。肝臓癌末期治療にしても、できれば名医から診断を受けることで、より適切な判断を下すことができます。また、根治が目指せる段階とは異なる点として、人生観が闘病生活のないように色濃く反映されてくるという点が挙げられます。すでに根治不能な肝臓癌の末期治療においては、延命を第一に考えるケースもあれば、多少寿命が縮んでも最期の時を痛みなく過ごせるようにするという場合もあります。

医師や病院の方針もありますが、当然最重視されるのは患者さんの希望です。今まで生きてきた集大成としてやり残したことを成し遂げるため、多少余命が短くなっても体が自由に動くようにしておいてほしいということであれば、痛みを止めるために薬を処方されることがあり、心残りになっていた場所へ家族と旅行に行く方もいます。肝臓癌末期治療で元気になることができればいいのですが、現代医学の力では転移が激しいと為す術がないことも多いのが現実です。今後研究が進み、新薬の開発や画期的な手術方法の発明により、事態は好転していくこともあるのでしょうが、それがいつになるのかはわかりません。

万能細胞についての研究が進んでいるので、もしかしたら末期肝臓癌の治療にも貢献することになるかもしれませんが、実用化には時間がかかるでしょう。そうなると、健康を取り戻すための闘病生活という位置付けはできなくなりますので、いかにして自分が最期に納得できるように残りの人生を過ごせるかということがテーマとなり、医学はそれをサポートするための道具でしかありません。

早期発見ができていれば、肝臓癌の末期治療という困難な事態に陥ることもありませんので、できるだけ定期的に検査を受けておくことが大切だというのは、ここからもわかるでしょう。名医といえどもどのような症状にも対応できるわけではありませんので、お手上げになってしまうこともあります。ドラマでは伝説的な名医が紆余曲折を経てようやく現われて、奇跡的に手術を成功させて命を救うという筋書きがありますが、現実には名医も普通の人間であり、奇跡をそうそう起こすことはできません。

名医の力を借りても根治ができないのであれば、あとはいかにして充実した余生を送るかということが重要事項となり、ここに肝臓癌末期治療の特殊性が見られます。通常なら、どれだけ体に負担をかけずに短期間で健康を取り戻すかが問題になりますが、どれだけの期間生きられるかがテーマとなる末期治療においては、より深刻な選択を迫られる場面が多くの場合に出てきます。

たとえば、抗がん剤を投与する場合と手術を行う場合だと、成功すれば手術を行った方が余命は長いものの、失敗すると命取りになるというケースがあります。この場合、手術を選択するということは、抗がん剤の服用よりもハイリスク・ハイリターンになります。どちらが正解というわけではなく、生き方によって解答は変わってきますので、病院側で一方的に決めることはできず、どのような方針で肝臓癌末期治療を行うかを患者さん自身で判断しなければならないという場面が生じるのです。

まさに人生を一変させる決断だけに、どうしてよいのか途方に暮れてしまうかもしれません。そんな時には、肝臓癌の末期治療の前に事態を整理してみましょう。先の例でいえば、手術が成功した場合の余命と、抗がん剤を服用した場合における余命についておよその期間を主治医から聞いて、手術の成功率についても教えてもらえば、手術と抗がん剤投与とで、それぞれ生存できる期間の期待値を割り出すことができます。

手術の成功率が40%ととして、手術が成功した場合にあと6年生存が見込まれるということであれば、6年×0.4(40%)で2.4年の生存が見込まれます。もっとも、これは単純化したけ勇んで、実際には6年間生きられるといっても、その生存率がどれだけのものかということや、手術を失敗した場合でも、必ず即死というわけではないことを考慮に入れていません。あくまで考え方の参考にしてもらうためのモデルですので、実際にはどのようなことがほかに予想されるか、主治医と相談してみた方がよいでしょう。

ここで言いたいのは、事態を整理することができれば感情に流されることなく、肝臓癌末期治療について合理的な判断を下すことができるということです。インパクトの強い情報だけが頭の中を好き勝手に漂っているような状況では、的確な判断などは望めません。迷うのは当然のことですが、いずれは応えを出さなくてはいけないことなのです。その時に何を参考にすればいいのか、そしてそれぞれの情報が本質的にどのような意味を持っているのかを分析してみましょう。

一人で悩んでいるよりも、主治医に思いを打ち明けてみれば、はっとするような助言をもらえることもあります。追い込まれると、人間は視野が狭くなるものですので、思いがけないところにヒントが隠されていることもあります。経験豊富な名医であれば、様々な人の生き様を目の当たりにしています。それだけに口にする言葉に含蓄がありますし、もしかしたら自分と同じ迷いを抱えていた人だっていたかもしれません。肝臓癌末期治療を後ろ向きに捉えるのではなく、これからの人生で燃え尽きるために賢く活用していきましょう。
当サイトは肝臓癌にかかった方や、その不安を持っている方に、治療や症状・検査、手術等の情報を提供することを目的にしていますが、肝臓癌の治療には絶対はありません。

地道に情報を収集し、主治医と相談しながら最良と信じられる決断を下していくことが求められます。

健康という最も大切な宝物を取り戻すことは、人生においてこの上なく大切なことです。

当サイトを皆さんのご参考にしていただければ幸いです。

当サイトは個人的な意見・見解を含んでいます。

ご利用中に生じた直接・間接の損害に対する責任を負いませんので、自己責任でご判断をお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。